家族葬などの葬儀について知っておくメリット

家族葬でのメリットとデメリットは何か

家族葬のメリットはいくつかあり、費用が通常の葬儀に比べて安いという点はそのメリットのひとつです。通常の葬儀はおおよそ200万円程度が費用の目安とされていますが、家族葬では20万円前後から100万円程度と大きく費用が抑えられています。これは通常の葬儀に比べて参列者が少なくなっている事が理由のひとつで、あまり自分の葬儀に費用をかけて欲しくないと希望している人が、こういった形式の葬儀を選ぶ場合があります。家族葬は親族や故人と親しい関係にあった人だけを参列者とする形式ですので、飲食代などがかからず全体的な費用が安くなっています。

もう一つのメリットとして、親族や親しい間柄の人だけの葬儀なので故人の希望に添った葬儀にしやすいというものがあります。例えば故人が明るく宴会の様な感じの葬儀を望んだとしても、通常の葬儀では仕事関係の参列者もいらっしゃるため、そういった雰囲気で葬儀をする事はできません。しかし家族葬ならば故人と親しかった人達だけで行いますから、そういった故人の希望を理解してくれる人も多く、故人が希望した通りの葬儀を行いやすくなるでしょう。また、葬儀そのものもやはり親族など親しい人たちだけなので、ゆったりとリラックスして堅苦しい雰囲気の無い葬儀になる、という点もメリットです。

一方のデメリットとしては、どこまでの関係を故人と親しかったとするかの線引きが難しいという点があります。例えば親族であっても長年連絡を取っていなかった人、プライベートで付き合いはなかったが、仕事では何度も顔を合わせている人など、親しいかどうかの判断が難しい人もいます。そういった方を参列者とするかどうかで、葬儀が終わってからトラブルになる可能性も出てきます。故人との関係を確認し、その上でどこまでの人を参列者とするかを判断する事は意外と難しいので、もし家族葬を行う場合はきちんと確認しておくようにしましょう。

家族葬には費用面や葬儀の雰囲気といった面でのメリットと、参列者に関するデメリットがあります。これらのメリットやデメリットを把握しておかないと、家族葬を行う際にスムーズな葬儀を行う事は難しくなってしまうでしょう。もし故人が生前から家族葬を希望していた場合、特にデメリットに関する部分は確認しておく必要があります。