家族葬などの葬儀について知っておくメリット

家族葬を行う時に気にしたいメリットとポイント

家族葬は故人と親しかった人や親族だけで行う葬儀ですから、誰を呼ぶのかというのは特に注意しなくてはいけないポイントです。親族であってもあまり交友の無かった人を呼ばなかった際に、葬儀後になぜ呼ばなかったのかとトラブルになってしまう事もありますから、誰を呼ぶのか、どこまでの関係の人達を呼ぶのかということは特に重要です。家族葬をする時には、事前にきちんと相談をしてどこまでの関係の人を参列者として呼ぶのか、呼ばない人は誰にするのかを確認しておきましょう。特に費用を抑えたいという場合は、参列者の数を少なくした方が良いですから、そういった時に誰を呼んで誰を呼ばないのかということは重要になります。

そして参列者として呼ばなかった方に対しての対応も重要です。訃報を届ける際には家族葬である事も明記し、その上で弔電や香典を辞退するという旨も伝えておいた方が良いでしょう。それでも香典を渡したいと訪れてくれた方に対しては、おもてなしや返礼品をきちんと渡す事を忘れてはいけません。もちろん当日に渡す事は難しいですから、そういった方には葬儀後にお渡しすると良いです。せっかく訪れてくれた方に対して失礼のないような対応を心がけるようにしましょう。

また、葬儀を行う前に気を付けたいポイントとしては、周囲が家族葬に賛成しているかどうかの確認です。家族葬は近年では選ばれる事も多くなってきた形式ですが、やはり通常の葬儀の方をあげるべきだと考えている方もまだまだいらっしゃいます。ですから故人が家族葬を希望していたとしても、周囲に反対されてしまうと家族葬をあげにくくなってしまいますので、周囲に家族葬を行う事の了承を得ておきましょう。勝手に葬儀を行ってしまうと後々のトラブルにも繋がりますし、なにより故人を見送る最期の葬儀でトラブルを起こさないためにも周囲との相談は重要です。

家族葬は周囲に気を遣わなくてはいけないポイントがあり、これを怠ると後々でトラブルになりやすい葬儀でもあります。しかしきちんと周囲と相談をしておく事で回避しやすいポイントでもありますから、相談や確認をしておく事でトラブルを回避できるというメリットもあるでしょう。家族葬を行う時には、これらの気を付けるべきポイントやメリットを把握して確認漏れなどがないかとチェックしておくと便利です。